絵でどうにかなりたいブログ

SNSを駆使して有名になりたいイラストレーターの活動記録

実名で活動を始めた経緯と理由

f:id:konomiracle:20201014200652p:plain


ごきげんよう、さかもとこのみです。

 

「さかもとこのみ」です。

 

私は現在、SNSでもイベントでもラジオでも「さかもとこのみ」と名乗って活動しています。私のことを知ってくださった人たちが本名と分かっているのか、ペンネームと思われているのかは分かりませんが、本名です。しかし、実は活動開始時には今とは違う名前で活動していました。

 

今回はその経緯や、実名で活動していて良かったことなど、活動名についてのあれこれを書いていきたいと思います。

 

 

実は2回も名前が変わっていた

自己紹介記事でも書きましたが、私はTwitterで制作物を見せびらかすアカウントを作るより前に、お小遣い稼ぎを目的にLINEスタンプを作っていました。この時にLINEスタンプクリエイターとして登録していた名前が“Sakamoto”でした。「試しに作ってみよう」くらいの気持ちだったのと、誰に見せるわけでもなくやっていたのとで、何の捻りもないクソつまらない名前で当初は活動していました。

 

LINEスタンプクリエイターズで名前を変更することはできるのですが、スタンプを審査に出している間は変更ができないルールだったので、よくスタンプを作っていた私はしばらく名前を変えられず、Twitterも“Sakamoto”の名前で始めました。(統一したかった)

 

この名前で活動していたときに感じたデメリットは次のとおりです。

 

インパクトが全くなくて覚えてもらえない

・無駄にローマ字で読みにくい

・同じ名前の人がゴロゴロいる

エゴサができない(検索エンジンでも、SNSでも)

 

何の捻りもないとは言いましたが、正直言うと活動名が苗字だけで有名人になって活動している人がいたらかっこいいと思います。「さかもと」という名前でフォロワーが何十万人もいるイラストレーターだったら「こいつ何者だ!?」ってなりません?(なります。)

全さかもとの代表なのでは?という気さえしてきます。

 

でも、さっき挙げたように、知名度を上げるまでのデメリットがまあまあ大きく、個人的には損なのではないかと思います。

 

LINEスタンプの審査が終わり、名前が変えられるようになったタイミングで私は活動名を“このみらくる”に変更しました。これにより先ほど書いた問題が全て解決したのです。初めて「このみらくるさんのスタンプ好き」など、名前として読んでもらえるようになりました。

 

IDもこの時から「@konomiracle_」を使用しています。それまでは「@sukiyakinonegi」でした。これまた見にくいですね。IDも名前と一致させたり、IDだけで誰か分かるようにするとタグづけや検索がしてもらいやすくて良いのではないかと思います。

 

この名前のデメリットとしては「意外とエゴサがしにくい」ということと、「ダサい」ということでした。意外とエゴサがしにくいというのは、名前が全部ひらがなだと、Twitterでは結構いろいろ引っかかっちゃうんです。

“さかもとこのみ”もひらがなですが、例えば「っきこのみちゃんすれ違ったかも!!」のように、文中にさかもとこのみが組み込まれていればツイートが表示されます。“このみらくる”は“さかもとこのみ”以上に違うツイートが引っかかりやすかったです。

 

私が一時的に“このみらくる”という名前にしていたのは理由がありました。その年、教育実習が控えていたのです。

“Sakamoto”の名前でTwitterを始めた頃には、いつか本名で活動したいという気持ちが既にあったのですが、教育実習中に先生や生徒に本名でググられてはたまったもんじゃありません。ふざけたツイートやLINEスタンプが出てきてしまいます。

 

でも「“Sakamoto”じゃちょっとなあ〜」ということで一時的に、気楽に“このみらくる”になっていました。教育実習中は絵も描けなかったので少し活動をお休みして、教育実習が終わるとほぼ同時に、改めてさかもとこのみとして活動を始めたのです。

 

なぜ本名で活動しようと思ったか

私がさかもとこのみとして活動しようと思ったのは、「なんか作家っぽくてかっこいいから」「やっぱり本名で売れたら嬉しいじゃん」「有名になってどこかに名前が出たときに、昔関わった人たちが私に気付いてくれたら面白いな」などの理由からです。

 

書いててこんな理由しかなかったのかと私もびっくりしています。

 

でも絵本の表紙に「さく・え さかもとこのみ」って書いてあったらすごくかっこよくないですか?おばあちゃんやおじいちゃんにも「このペンネーム私なんだよ!」って説明がなくたって、「ほら見て!本出たよ!」と見せるだけで活躍が伝わるじゃないですか。それを昔の同級生が本屋でたまたま見かけたとしても気づかないけど、本名だったら気づくじゃないですか。

 

そういうイメージが私の中にあって、気づいたら迷わず本名にしてました。いつかこの妄想も実現したいですね。

 

本名で活動してて良かったことと困ったこと

せっかくなのでメリットやデメリットなども書いておきます。活動名を迷っている方は参考にしてください。

 

良かったこと

・本当の名前で呼ばれたり、手紙をもらったりして嬉しい

・通販などで「本名がバレる!」といった心配がない

・まあまあ覚えてもらいやすい(3年やってて苗字間違えられたの2回くらい)

エゴサできる

Googleで自分の名前を検索して一番上に出るって良いよね

・名乗るときに恥ずかしくない

 

困ったこと

・病院でフルネームで呼ばれたときにちょっと「わっ!フォロワーがいたら身バレしちゃう!」と勝手にドキドキするけど誰一人として私に関心はなくてそれはそれで寂しい上にドキドキ損をすること

・外で「さかもとこのみちゃんですか?」と声をかけられて「え!?もしかしてファン!?」とドキドキしたら同級生のお母さんだったりしてドキドキ損をすること

 

書いてみた感想:どっちもそんなに大したことはなかった。

 

ペンネームへの憧れ

ペンネーム」という呼び方で合っているのか分かりませんが、本名でない名前で活動している人も多くいます。(適切な呼び方があったら教えてください。)

 

そんな人たちに結構強く憧れていて、名前を変えようとは思いませんが、何か他の名前で他の活動をしてみようかと考えることがあります。これが本名で活動していて一番困ったことかもしれません。

自分の名前がもう1つあるみたいでかっこいいですよね。デスノートでも世界で3本指に入る探偵はみんな、Lが3つの名前を使い分けていたという話がありました。かっこいいですよね。かっこいい。

 

ペンネームは面白い名前だと、その時点で興味を持ってもらえるという点がかなり強みだと思います。羨ましいです。でも「人前で名乗るのが恥ずかしい」と言っている方を何人か見てきて、それもそうだなと思っています。これについては“このみらくる”の期間が短くて良かったと心の底から思います。

 

まとめ

活動名が何だろうと、どうにでもなります。が、これから活動名を決めようと思っている人や、今の活動名でいいのか悩んでいる人はちょっとよく考えてみると吉だと思います。活動名の付け方の参考になっていたら幸いです。