エビフライのひつじ

さかもとこのみのたわごと

なんのために生まれて、なにをして生きるのか

f:id:konomiracle:20190920170048p:image

 

先月お仕事が変わって、ようやく勝手が掴めてきてそれなりに楽しく過ごしているんだけど、学生時代の私の友人にお仕事を変えましたよってことを報告すると「なんでその仕事にしたの?」「なんでそこで働きたいと思ったの?」って聞かれることがある。面接かよー。

 

一見は普通の質問だけど含みがあるというか、「え、なんで?」っていう空気をひしひしと感じる。業種的にかしら。(べつに怪しい仕事をしているわけではない)

 

この質問をする人はおそらく仕事が生活の、というか人生の中心になっている人だと思う。仕事がとてもやりがいがあって、日々発見があって、成長があって、、そういう仕事に就いて、毎日働けることって本当にすごいことだと思う。そりゃあ学校の先生は毎日ワンダフルサバイバルでしょうよ。(私の周りは学校の先生がとても多いのです)

 

仕事との付き合い方って人それぞれで、仕事が好きじゃなくてもきっちり働いて休日に趣味に没頭する人もいるし、仕事が楽しいです!休日はずっと寝てます!って人もいるし、収入はまずまずでも好きな仕事に就く人もいるし、ものすごい一生懸命稼いでるかと思えば、特にお金を使う目的がない人もいるし。

 

私にとっては、仕事は手段でしかないのよ。目的じゃない。生活するために、好きなことをするためにとりあえず働いてるけど、人生のメインは仕事のあとや休みの日に、自分のやりたいことをしている時間のほうだと思ってる。甘いよな〜〜甘ったれてるよな〜〜でもそれでも、働くために生きるのは御免派なんだよ。ゴメン。

 

没頭できるものがあるっていいもんだよ。趣味もなんもなかった数年前からはもはや考えられないな。でも、好きなことが見つかった今のほうがずっと生き生きしてるよ。

 

 

とりあえずさ、なんでもいいけどさ、自分を満足させることがいちばんだと思うから、自分のスタンスは決めておいて、ぶれないように生きようぜ。つれづれなるままに終わるのはもったいない。

 

私の場合、仕事が楽しくなってくると、「ははは!このままここで働き続けるのも悪くないのう!!」となって逆にモチベーションが下がるので気をつけたいです。仕事は仕事。人生は人生。

 

 

最近気づいたことだけど、人の人生の話が好き。

成功談も失敗談も、なんでも好き。

当たり前なんだけど、自分と全然違う生き方で面白いし、全然違うからこそなにやっても生きていけるな〜人生どうにでもなるな〜って思える。

 

私も他人に面白いと思ってもらえるような生き方をしたい。

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

お仕事に疲れたら聴いてみてね。

棺の中 働いて「それでもまあ」なんて言いたくはないわ♪